おすすめの筋トレメニューと筋トレをする頻度

筋トレはやり過ぎてもやらな過ぎても、良い効果は生まれません。最小限の疲れで、最大限の効果を得るためには、筋トレメニューと頻度が重要になります。
健康のため、筋力や持久力を向上するために行う筋トレメニューとしては、重い負荷のかかる筋トレをやるよりも回復が早いので、頻度を多くして毎日行っても問題はないでしょう。有酸素系の運動であれば、毎日トレーニングを行う方が有効です。
反対にハードなトレーニングとなった場合には、よく休むことが大切になります。重い負荷のかかるトレーニングを行うと、筋組織の損傷が大きくなります。そのため、その分修復と再生にも時間を要します。短い期間でトレーニングを行ってしまうと、筋肉の再生を待つことなく筋組織の損傷が進み、マイナス効果となってしまいます。
筋トレを行っている時に激しい筋肉痛を感じたり、筋肉痛はないけれどもハードなトレーニングをした場合には、休息期間をいつもよりもとるようにしましょう。
休息期間の目安としては、腕や腹筋の場合には1から2日、胸や肩の場合には2から3日、背中や下半身は 3から4日、回復期間をとるようにしましょう。大きな筋肉は回復期間を長くとることを覚えておきましょう。車売却 東京