桜島は噴火するのか?

警戒レベルが4に引き上げられ、桜島の大規模噴火に対する注意を呼びかけていますが、いったい、いつ噴火が起こると予測されているのかという事なのですが、噴火警戒レベルが4に上がった時点で、火山活動の明らかな、活発化が確認されており、警戒レベル引き上げが、発表された15日だけでも、火山活動の活発化を示す、火山性地震が25回以上も発生していることからも、もうすでに、いつ桜島の噴火が起きてもおかしくない状態のようです。2007年に火山噴火警戒レベルを設定してから、初の警戒レベル4への引き上げは、かなり深刻な、桜島の噴火を予測しています。そして、このたびの桜島が噴火を起こせば、かなり大規模の噴火になることが予測されており、その被害は、日本全土に広がる可能性もあるという事です。桜島に過去に起きたことのある大噴火は約100年前桜島の大噴火は100年から200年周期で発生しており、このたびの警戒レベル4への引き上げから前回の桜島大噴火から100年たってのこと、大噴火の可能性を秘めているのです。もし桜島が大噴火を起こした場合、桜島近辺では、火山灰が1m以上もつもり、その火山灰は、風向きにもよりますが、東北地方にまで、流れ込んでくる可能性が十分過去の大噴火時には、火山灰が実際に東北地方でも確認されています。そして、その火山灰が交通機関を麻痺飛行機は欠航になり、鉄道も線路が埋まり運転見合わせ、道路も火山灰で埋まり、車での移動は困難を極めると、さらに、火山灰の影響は、交通機関だけの影響にとどまらずに浄水場の水のろ過機能を停止させ、重い火山灰は、木造住宅を押しつぶすことも十分に可能と、このたびの桜島噴火による被害の予測が立てられております。このような大規模噴火がいつ起きてもおかしくない状態の桜島、警戒レベル4への引き上げに警戒が必要です。
リンカルは男の子の産み分けに効果はあるの?